【エロ活マッチング】今なら7日間無料で使い放題!

【速報】観光船沈没 KAZU1運行会社 聴聞には出席せず「事故の責任は国にもある』

【観光船沈没】KAZU1運行会社「事故の責任は国にもある』

知床遊覧船沈没事故(しれとこゆうらんせんちんぼつじこ)は、2022年(令和4年)4月23日に遊覧「KAZU I(カズ ワン)」が北海道斜里郡斜里町の知床半島西海岸沖のオホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没した海難事故である。 5月29日現在、「知床観光船沈没事故」「北海道知床遊覧事故」などとも呼称されている。
130キロバイト (19,910 語) – 2022年6月13日 (月) 02:17
北海道・知床半島沖で観光船KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、国土交通省北海道運輸局は14日、運航していた「知床遊覧船」(斜里町)の事業許可を取り消すのを前に、同社側に釈明の機会を与える「聴聞」を実施した

運航会社「国にも責任ある」 聴聞には出席せず 知床観光船事故

集まった報道陣に「知床遊覧船」の関係者が聴聞に出席しないことを伝える国交省北海道運輸局の職員(右奥)=札幌市中央区で2022年6月14日午前9時31分、貝塚太一撮影

運航会社「国にも責任ある」 聴聞には出席せず 知床観光船事故

事業許可取り消しへ 運航会社「国にも責任」―知床観光船事故・国交省

2022年06月14日12時31分

作業台船から網走港に陸揚げされる観光船「KAZU I(カズワン)」=1日、北海道網走市

作業台船から網走港に陸揚げされる観光船「KAZU I(カズワン)」=1日、北海道網走市

 北海道・知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、国土交通省は14日、運航会社「知床遊覧船」の事業許可取り消し処分に向けた聴聞を実施した。同社は「事故の責任は国にもある」とする陳述書を提出。同省は「内容を精査し、速やかに処分を行う」としており、近く正式に取り消しを決定する。

桂田社長「損傷無いはず」 船底に傷と複数証言―知床事故の特別監査

 許可取り消しは、海上運送法に基づく処分の中で最も重く、事故を受けた取り消しは初となる。
聴聞は処分に先立ち、事業者側に釈明の機会を与える手続きで、同省北海道運輸局で行われた。同社は事前に陳述書を提出しており、桂田精一社長は聴聞に出席しなかった。
北海道運輸局によると、桂田社長は陳述書で「事故の責任が知床遊覧船のみにあるのはおかしい。監督官庁である国にもある」と不服を訴えた。特別監査で判明した法令違反の一部についても反論したという。(2022/06/14-12:31)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。